PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なんちゃって牧羊体験

夏休みフィナーレ・プロローグ


それでは時計を10日前に戻して・・・


るーくファミリーと北フランス「カレー」で待ち合わせ

トップ

るーくは1ヶ月ぶりに大好きな家族と再会

トップ

     トップ

          トップ


るーくファミリーとさようならした後
ボク達を乗せた車は電車に乗って

ドーバー海峡を横断してイギリスに上陸しました

それからひたすら北に向かって走る走る走る

でも目的地まで一気に行かれないので途中1泊しました


*****


ここは湖水地方からそれほど遠くない
イングランドとスコットランドの国境の近くの
Canonbieと言う小さな村(スコットランド)
まさにボーダーです!


トップ 

夜中のもの凄い雨が信じられないほど
良いお天気の爽やかな朝だったのでちょっと探検にいきました

トップ トップ


川の向こうに沢山羊さんがいました

牧羊犬の血が騒ぎます 
どうしてもあそこへ行きたい

トップ 

橋を渡ったら散歩道があったので行くしかないでしょ?

トップ トップ

トップ

細~い道を歩いてやっと川にたどり着き

トップ トップ 

Esk川にお手手だけ突っ込んで満足!


ボクにはやらなければならないことがあるんです

トップ
イヒヒ~ いる いる

さっき遠くに見えた羊さん達が目の前にいるんです

トップ トップ
柵を超えて川の方に出て来ちゃった羊さん達 早く群れの方に帰りなさ~い

トップ トップ
一匹メェ~メェ~文句を言っているヤツがいたけど
ボクが睨んだら慌てて走って行きました 

ボクは一言も発していましぇん
ただジィ~っと見つめただけ

トップ

お家でユルユル犬なボクですが
牧羊犬の本能はまだあったとゆーわけです

なんちゃって牧羊犬ですが
大変貴重な経験をさせてもらいますた



お散歩が終ってからまた車に乗って
最終目的地へGO

トップ
着いたら起こしてくだしゃい


*****


ワンコと一緒のヨーロッパ大陸旅行はワンコパスポートを持っていれば
これと言った検査もなく簡単ですが、イギリス行きはちょっとわけが違います
さすが島国 日本同様厳しいです ワンコイギリス上陸は

●狂犬病の予防注射30日後、イギリス入国6ヶ月前に血液検査
マイクロチップを入れていないと検査して貰えないのでトップも入れてもらいました

●イギリス入国48時間前に獣医さんの所で虫下しの薬投与&ノミダニの予防
日にち&時間をパスポートに記入してもらい先生のサインをもらいます

●イギリス入国は獣医さんへ行った後24~48時間のみ有効です
最初の24時間はフランス出国禁止

今回はユーロトンネル(電車)でドーバー海峡を渡りました フランス側で
書類を提出しマイクロチップの確認をして検査合格の紙を貰います
準備が少々面倒ですが、検査はチョー簡単 アッと言う間に終わりました
(ワンコ入国審査場には沢山のワンコがいましたが、
トップはガルルもぜすとても良い子にしていました)

毎年の狂犬病予防注射の期限を守れば、次回イギリスに行く時は血液検査は
必要ないとのこと(ただ血液検査が何年有効なのかはわかりませんが)
48時間前に獣医さんの所に行けばよいらしいです
関連記事
スポンサーサイト

| バカンス | 12:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。